D800とMF Nikkor...その6.1

  • カテゴリ:機材
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
久しぶりに、MF Nikkorの話題でも。。。

ここの所、記事の中で何枚かアップしている「Ai Nikkor 20mm f/2.8S」
このレンズも、現行レンズで、新品でも買える数少ないMF Nikkorです。

20mmという超広角レンズは、「COLOR SKOPAR 20mm F3.5 SLⅡ Aspherical」を所有していますが
明るさがf/3.5という事と、コマフレアがひどい(Asphericalなのに(笑;)あと
もう少し解像感が欲しいかなぁと思っていて、前から気になっていたレンズです。
...Distagon2.8/21が最良という事はよく分かってますが。。。^^;


D800+Ai Nikkor 20mm f/2.8S

中古で購入しましたが、S/Nから見ると鉛ガラス・旧コーティングのレンズです(前玉が赤っぽいコーティング)
現行の新品だとSICで逆光性能等が向上しているはずです(前玉は緑っぽい色)

いつもならここで作例になるのですが、今回はちょっと問題がありましたのでダラダラといきます(笑)
同じ20mmということで「COLOR SKOPAR 20mm F3.5 SLⅡ Aspherical」(あぁ~長い。以下カラスコ)と
撮り比べをしました。
web上での評判では、結構解像感のあるレンズと評されてましたが、それがカラスコにも及ばない解像感。

ライブビューでじっくりピントを合わせてもカラスコの勝ちです。
しかも、オーバーインフも結構な大きさでフォーカスエイドの●だと完全に無限遠を通り越している(汗)

ということで、修理に出すことにしました。。。
待つこと3週間。ヘリコイドが新品になって帰ってきました^^/

2013/11/09撮影
大きく見る ⇒ GO!

前回の工場夜景・夕暮れ時の一枚。
解像感は満足のいくレベルになってます。しかし、オーバーインフはそのまま。
カメラ:D800
レンズ:Ai Nikkor 20mm f/2.8S
焦点距離:20mm
絞り値:f/5.6
シャッタースピード:1/500秒
ISO感度:ISO100


フォーカスエイドが使えれば我慢もできますが、超広角の無限遠を見極めるのは難しいですよ(笑)
で、カラスコもフォーカスエイドの位置ズレがあり、ピント微調整に登録してたりします。
20mmが2本も登録できるのかな?他に何か良い方法はないものか。。。おっ、ありました!
...次回に続く。。。^^ノシ

※これまでの Ai Nikkor 20mm f/2.8Sの写真は、この記事までの状態で撮ったものです。
蕎麦鉄」「工場夕景」「工場夜景」「紅葉狩り...後編
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。