現像...アッサリ?コッテリ?

  • カテゴリ:未分類
  • コメント:5件
  • トラックバック:0件
ブログやPHOTOHITOでお世話になっている撮庵さんと
Makro-Planar T* 2/100(MP100)の描写について盛り上がってます(ほんのちょっとだけ(笑))
...しかも、MP100は持ってません(爆)

私にとってMP100の印象はバキバキ・コッテリな印象なんですが、その描写(私のイメージ)を再現したいと思います。

2013/06/08撮影 コッテリ現像

焦点距離は、55mmと100mmの違いはありますが今回はコントラストの再現ということで。。。
・トーンカーブのS字を強くし、コントラストを強調。
・彩度を+10%で色味を強調。

2013/06/08撮影 アッサリ現像

いつもの現像です^^
・トーンカーブのS字はゆるめ。
・彩度+5%
・シャドー部を少し持ち上げ

別窓で開きます コッテリ アッサリ

カメラ:D800
レンズ:Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S
焦点距離:55mm
絞り値:f/2.8
シャッタースピード:1/3200秒
ISO感度:ISO100


私が観たMP100の作例はほとんどが、一枚目のようなハイコントラストでした。
結構偏った印象ですよね。現像での仕上げは、人それぞれ好みがあります。当然どちらが良いとかはありません。
レンズによって、コッテリ・アッサリの傾向はありますが現像での仕上げ方も面白いところですね。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。